2017年12月22日

鹿児島弁

ここが変だよ鹿児島県人の方言 - NAVER まとめ

2012年9月21日 ... 意味:ぜんぜん使い方:わいのゆっちょっこつは、いっちょんわからんど(おまえの言って
いる事は、ぜんぜんわかりません). お気に入り詳細を見る. いっぺこっぺ. 出典鹿児島弁
コーナー. 探して追加|アップロード. 意味:あちこち使い方:きゅな、いっぺこっぺでっさる
いてすったいだれた(今日は、あっちこっち出て回って(出歩いて〉凄く疲れた。)
お気に入り詳細を見る. いらんこつ(っ). 出典鹿児島弁コーナー. 探して追加|アップロード
. 意味:よけいなこと。 使い方:いらんこつすんな。 お気に入り詳細を見る. うかぜ.(続きを読む)




【送料無料】 かごしま弁入門講座 基礎から応用まで / 坂田勝 【本】
商品価格:1,512円
レビュー平均:0.0


鹿児島弁に詳しい方 教えてください。 私が1人で悩んでいるときに、友達から 「そ...

鹿児島弁に詳しい方 教えてください。 私が1人で悩んでいるときに、友達から 「そういう時こそ俺が一緒おるけ?」 と言われました。 過去のことを聞くときに 「?だっけ?」と私も使いますが、 この場合の「け?」も、同じ意味でしょうか? 私は、 「そういう時こそ俺が一緒におるっけ?」 (いつも、そういうときに俺が一緒にいるよね?) という意味でとらえました。 これが鹿児島の方言で、違う意味でしたら 教えてください。(続きを読む)



This RSS feed URL is deprecated

This RSS feed URL is deprecated, please update. New URLs can be found in the footers at https://news.google.com/news(続きを読む)





































posted by sin at 02:09| Comment(0) | 日記

2017年12月21日

台湾語

台湾語 - Wikipedia

この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。
出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。
(2010年5月); 独自研究が含まれているおそれがあります。(2010年5月). この項目に
は、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0213、繁体字、簡体字
、CJK統合漢字拡張A)が含まれています(詳細)。 台湾語. 臺灣話、臺語、河洛話/福?
話. Tai-oan-o?, Tai-gi, H?-lo-o?. 話される国, 中華民国の旗 中華民国(台湾). 地域,
東?...(続きを読む)




This RSS feed URL is deprecated

This RSS feed URL is deprecated, please update. New URLs can be found in the footers at https://news.google.com/news(続きを読む)



【メール便送料無料】秀蘭瑪雅/ 唱乎甲己來聽 (CD) 台湾盤 ショウラン・マヤ
商品価格:2,666円
レビュー平均:0.0


台湾語(中国語)に訳して頂けませんか。 「行きの切符は障害者割引で買えました。...

台湾語(中国語)に訳して頂けませんか。 「行きの切符は障害者割引で買えました。 帰りの切符も障害者割引で買えませんか? 」 台湾の墾丁へ長距離バスを使って2回行きました。 2回とも、行きは窓口のお姉さんが障害者手帳を見たら 何も言わなくても障害者割引料金で切符を出してくれました。 往復切符をお願いしたら 「障害者割引の切符は片道分しか買えないので帰りは現地で買ってね」 とのことでした。 帰りの切符は墾丁のバス停前のホテルで販売していて 手帳を見せながら、障害割引して頂けませんか?と 下手な筆談でお願いしてみたけれど 割引自体を知らない?みたいでした。 2回目の帰りはバス停前にいたおじさんが切符を売っていて また下手な筆談でお願いしてみましたが やはり割引の事を知らない?ようで通常料金でした。 3回目になる今回は、貧乏学生3人組なので 今度こそ割引料金にして頂けたらいいなと思っています。 行きの割引された切符を写真に撮って、見せてみる予定です。 (切符はバスを降りる時に回収されてしまいます) そのような状況で使いたい文章です。 どうぞよろしくお願いします。(続きを読む)





































posted by sin at 15:44| Comment(0) | 日記